法人カードとポイント還元率の関係

■法人カードのポイント還元率は上げられる

法人カードのポイント還元率は、使い方により変動することがあります。
基本的に還元率が0.5%でも、使う場所によってそれ以上にすることが可能なのです。

・ポイント優待店
法人カードと提携している優待店では、ポイント還元率がアップすることがあります。
たとえばJCB法人カードは、JCBオリジナルシリーズ優待店でポイントが2倍以上にアップします。
イトーヨーカドー、セブンイレブン、Amazon、スターバックスなど、いつも使ううような店舗で還元率がアップするのも嬉しいところです。
特にAmazonでビジネス用品をそろえているなら、ポイント3倍になりますので還元率は1.5%までアップしお得です。

楽天ビジネスカードは、楽天市場ではお得なクレジットカードです。
ポイント還元率は5倍になりますので、還元率は驚異の5.0%。
楽天市場を利用すれば、どんどんポイントをためることが出来るでしょう。

・海外でポイントアップ
海外利用時は、ポイントが2倍になるという法人カードがあります。
0.5%の還元率が1.0%になるわけですから、倍のスピードでポイントをためられることになります。
JCB法人カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが、海外利用はポイント2倍になる法人カードです。
海外出張が多く法人カードを海外でよく利用するなら、ポイントをためやすいでしょう。

・ボーナスポイント
年間利用金額により、翌年度のポイント還元率が上がる法人カードがあります。
通常は0.5%の還元率でも、使い方によっては1.0%にすることもできるわけです。
EX Gold for Biz iD×QUICPayは、年間利用金額により翌年度のポイント還元率を上げられる法人カードです。
利用金額が50万円以上になると1.7倍、100万円以上で1.9倍、200万円以上で2.2倍にポイント倍率がアップします。
法人カードですと年間利用金額はすぐに100万円、200万円…となってしまいます。
経費の支払いとなると、個人の利用金額には比べ物にならないくらい高額になりがちです。
ポイント還元率を上げられる確率は高いでしょう。

法人カードのポイント還元率は0.5%となることが多く、それほどポイントは貯められない…というイメージがあります。
しかし使い方によっては、法人カードでもポイントをたまりやすくすることは可能なのです。
基本の還元率のみに、惑わされないようにしたいですね。

■ポイント還元率が高い法人カード1

ポイント還元率が高い法人カードが、EX Gold for Biz iD×QUICPayです。
基本は1,000円に1ポイント付与となり、還元率は約0.5%です。
しかしEX Gold for Biz iD×QUICPayは、ポイントの20%加算があります。
1.2倍の還元率となるのです。
さらに年間利用金額により、翌年度はさらにポイント還元率を上げることも可能です。
年間50万円以上1.7倍、100万円以上1.9倍、200万円以上2.2倍のポイントとなり、最大では1.1%の還元率にすることができます。
法人カードで還元率が1.0%を超えると、ポイントがかなりたまりやすいと言えるでしょう。

EX Gold for Biz iD×QUICPayは、たまったポイントも使いやすい法人カードです。
暮らスマイルというポイントがたまるのですが、これをオリコポイントに交換します。
オリコポイントはさまざまなポイントへ移行できるのが特徴です。
Amazonギフト券、nanacoポイントなど、リアルタイム交換が可能なものもアリ。
さらにTポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、JALマイルなどへの移行も可能で、使い道に困ることはないでしょう。
どんどん使い還元率を上げ、多くのポイントを貯めるのがおすすめです。

そしてEX Gold for Biz iD×QUICPayは、入会特典が豪華な点も見逃せません。
現在は最大6,000円相当のポイントを獲得できるキャンペーンを実施中です。
入会月の翌々月までに1万円以上利用すると1,000ポイント、3万円利用で2,000ポイント、10万円以上で3,500ポイントが獲得できます。
さらに3万円以上利用してオリコポイントゲートウェイの登録で500ポイント、携帯電話料金の支払いで1,000ポイント、電気料金の支払いで1,000ポイント、追加カードの発行で500ポイントを獲得できます。
入会後すぐに大量のポイントを獲得できるチャンスがある、法人カードなのです。
入会特典を加えると、入会初年度はかなりポイント還元率が上がることになるでしょう。

EX Gold for Biz iD×QUICPayは個人事業主用のS、法人用のMがあります。
Sはキャッシング機能が付いている、Mは追加カードが発行できるなどの違いはありますが、ポイント還元率や付帯サービスなどは同じとなっています。
年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)です。
SとM、間違えないように申込をしてください!

■ポイント還元率が高い法人カード2

ポイント還元率が高い法人カードの代表となるのが、楽天ビジネスカードです。
楽天ビジネスカードは、どこで使っても100円に1ポイントを獲得できます。
ポイント還元率は1.0%です。
法人カードの還元率は0.5%が多いですが、それに比べると2倍の還元率ということになりますね。

そして楽天市場では、最強の法人カードになります。
楽天市場では、いつ使ってもポイントは5倍になります。
還元率は5.0%になりますので、他の法人カードでは考えられない数字です。
さらに誕生月には、+1.0%の加算があります。
楽天市場では、還元率が6.0%になるのです。
楽天市場を利用するときは、絶対に持っていたい法人カードです。

また楽天ビジネスカードは、楽天ポイント加盟店ではポイント2倍~3倍になります。
ENEOS、メガネストアー、サカイ引越センターなどで、ポイント還元率がアップします。
利用頻度が高いと思われるのは、ENEOSではないでしょうか。
給油をすると100円に2ポイントたまりますので、かなり還元率は良いです。
ガソリン代が値引きになる法人カードより、お得になるケースもあるでしょう。

たまったポイントは楽天サービスや楽天スーパーポイント加盟店で使うことができます。
また楽天EdyはANAマイルに移行することも可能です。

楽天ビジネスカードは、単独で発行することはできません。
楽天プレミアムカードの追加カードとなりますので、まずはこちらを発行する必要があります。
年会費は楽天プレミアムカードが10,000円、楽天ビジネスカードが2,000円ですので、合計12,000円(いずれも税別)がかかることになります。
ゴールドカード並の年会費が必要となりますが、還元率が高いのでポイントで元を取ることは可能です。
また楽天ビジネスカードは、プライオリティパスが付帯する法人カードです。
プラチナカードクラスにならないと付帯しないサービスが、年会費10,000円程度の法人カードに付帯しているのです。
海外出張が多い場合はプライオリティパスだけで、年会費の元はとれそうです。

現在楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードは、新規入会で6,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(楽天プレミアムカード5,000ポイント+楽天ビジネスカード1,000円=6,000ポイント)。
入会するだけで6,000ポイントももらえるのは、お得ですよね。
ただ期間限定ポイントとなりますので、有効期限が切れる前に使いきってくださいね。

■マイルの還元率が高い法人カード

JALマイルの還元率が高い法人カードとなるのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。
JALマイルを貯めているなら、おすすめの法人カードでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、1,000円に1ポイントがたまります。
還元率は約0.5%になります。
しかし海外での利用時は、2倍になりますので還元率は1.0%です。
海外で法人カードを使う機会が多い場合は、ポイントをためやすいでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでたまるポイントは、永久不滅ポイントになります。
ポイントの有効期限がないのが最大の特徴です。
有効期限が切れて失効する…ということがないのはメリットでしょう。
ポイント還元率がそれほど高くなくても、有効期限がないことによりポイントを有効的に使えます。
結果お得にポイントを使えることになります。

永久不滅ポイントは200ポイントを、500JALマイル、600ANAマイルに移行することができます。
マイルを貯めるにもおすすめの法人カードと言えますが、JALマイルをより貯められる方法があります。
セゾンマイルクラブに登録をしましょう。
そうすると1,000円に10JALマイルがたまります。
マイルを1円相当とすると、還元率は1.0%です。
法人カードにすると、高い還元率になります。
さらにセゾンマイルクラブでは、マイルの他に2,000円ごとに1永久不滅ポイントの付与もあります。
この永久不滅ポイントをJALマイルに移行すれば、1.125%の還元率になります。
法人カードで、ここまでマイルの還元率が高いものはありません。
JALマイルを貯めたいなら、おすすめ度は高い法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費20,000円(税別)です。
プラチナクラスの法人カードとしては、高い金額ではありません。
ただ年間200万円以上カード利用をすると、翌年度の年会費が10,000円(税別)まで引き下がります。
マイルの還元率が高く、年会費負担を少なくできる、スバラシイ法人カードと言えるでしょう。
年会費は低くなっていますが、コンシェルジュサービス、プライオリティパスなど、プラチナ法人カードには欠かせないサービスはほぼ付帯していますので安心してください。
アメックス特有の騎士のデザインが施されており、ステータスも高いですよ。

■セゾンプラチナビジネスアメックス

法人カードでは最高ランクとなるのが、プラチナカード。
その中でも人気なのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

・ステータスは抜群
接待などではステータスが高い法人カードの方が良いと思い、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申込みをしました。
アメックスのプロパーと迷ったのですが、こちらの方が年会費が低いのが決め手でした。
プロパーのビジネスゴールドは年会費31,000円ですが、こちらは20,000円です。
しかも年間200万円以上使うと、翌年度は半額の10,000円になるのは魅力的でした。
申込みから2日後には審査通過の通知があり、2週間程度で届きました。
個人でセゾンカードを使っていたので、その実績が審査に良い影響を与えたのかもしれません。

・ダメでした
法人カードのサイトを見ていたらセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを推しているところが多く、きっと良いのだとうと欲しいと思いました。
開業から4年、年収400万円ほどの個人事業主ですが、残念ながら審査否決されてしまいました。
プラチナカードは年収500万年以上ないと、審査通過をするのは難しいようです。
プラチナ法人カードの審査を、甘く見ていたようです…。
個人のクレヒスは良いと思ってましたが、プラチナカードの審査にはあまり関係なかったようですね。
年収が高くなったら、また申込をしてみようかと思います。

・マイルがたまる
人生初のプラチナカードです。
開業から6年、32歳で発行することができました。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンマイルクラブに登録をしてJALマイルをためています。
1,000円に10マイルたまるし、さらに2,000円ごとに1永久不滅ポイントもたまります。
法人カードにするとポイントがたまりやすいです。
ためたマイルは出張旅費に充てているので、経費の節約になっています。
コンシェルジュサービスやプライオリティPASMOあり、一度使うと便利すぎて手放せません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードなので、審査があまい法人カードではありません。
それなりの経営年数や年収がないと、審査通過は難しいでしょう。
年収は最低でも、500万円は必要となるようです。