年会費無料の法人カードや、年会費で選んだオススメカード集

■永年年会費無料の法人カード

法人カードは年会費無料がほとんどありません。
永年年会費無料となる法人カードは、ライフカードビジネスくらいでしょう。

ライフカードビジネスは、年会費負担を気にせずに発行できる唯一の法人カードです。
法人カードの年会費負担を極力減らしたい…という法人に選ばれています。
本カードだけでなく、追加カードやETCカードも年会費無料です。

・追加カードの制限なし
法人カードでは追加カードを発行するケースが多いです。
社員にも法人カードを持たせることにより、社員ごとに経費を精算する必要がなくなります。
法人カードによっては追加カードの枚数が制限されているのですが、ライフカードビジネスは何枚でも発行できます。
社員全員に法人カードを持たせることも可能でしょう。
追加カードも年会費無料ですので、何枚発行しても年会費の負担はありません。

・利用限度額が高い
ライフカードビジネスの利用限度額は500万円までとなります。
法人カードは一般的に利用限度額が高いのですが、一般クラスで500万円というのは高めと言って良いでしょう。
年会費無料なのに、限度額を気にせずに使うことが可能です。
ただ利用限度額は審査により決定されますので、どんなケースでも500万円まで使える…ということではありません。
発行当初は30万円~50万円程度となってしまうこともありますので、覚悟をしておきましょう。
最初は利用限度額が低くても、のちに引き上げることはできます。

・審査に通りやすい
法人カードは審査が厳しいといったイメージがありますが、ライフカードビジネスは比較的審査に通りやすいとされています。
年会費無料のクレジットカードは審査が柔軟な傾向にありますが、これは個人向けだけでなく法人カードにも当てはまると言えるでしょう。
また利用限度額100万円以下での申込だと、登記事項証明書と代表者の本人確認資料のみで申込みができます。
個人事業主であれば事業主の本人確認資料のみでOKという簡潔さです。
法人カードには珍しく、2期分の決算書の提出が必要ないのです。
…ということは、決算状況がどうであれ発行できる可能性があることになります。
赤字経営であっても審査に通ることができる可能性があるのです。

・ポイント付与がない
ライフカードビジネスのデメリットとなるのが、ポイントサービスがないことです。
ポイントをためることができないため、お得度は低くなってしまうでしょう。
年会費無料ならポイントは不要…という法人向けです。

■条件付年会費無料法人カード

年会費有料法人カードではありますが、使い方次第で年会費無料にできる法人カードがあります。
それがP-one Business MasterCardです。
年会費は2,000円なのですが、年間1度でもカードの利用があると翌年度の年会費が無料となります。
初年度の年会費は無料ですので、使い続けていれば実質年会費無料で使うことができる法人カードなのです。
年会費無料になる条件は非常に緩いですし、「年会費無料で使ってください」と言っているようなものでしょう。
最初から年会費無料にすれば良いのにとは思いますが、そうしてしまうと全く使ってくれないケースが増えてしまいます。
少しでも法人カードを使って欲しいという願いを込めて、条件付年会費無料にしていると思われます。
追加カードやETCカードの年会費は無料です。

・ポイント還元率が高い
P-one Business MasterCardは1,000円に2ポイント付与となり、還元率は約0.6%です。
クレジットカードとしては、それほど高い還元率ではないと感じるのではないでしょうか。
しかし法人カードのポイント還元率は、ほとんどが0.5%。
少しでも0.5%を上回ると、ポイントがたまりやすい法人カードとなるのです。
P-one Business MasterCardは0.6%の還元率となりますので、法人カードとしては高い還元率だと言えるでしょう。
少しでもポイントはたまる方がお得です。

・キャッシングができる
個人向けクレジットカードはキャッシングができて当たり前ですが、法人カードはそうは行きません。
法人カードはキャッシングができないものがほとんどなのです。
クレジットカードのキャッシングは個人向けとなり、ビジネス用に資金を使うのは敬遠するクレジットカードが会社が多いです。
そのためキャッシングができない法人カードが多いのです。
しかしP-one Business MasterCardは、キャッシングを付帯させられる珍しい法人カード。
ちょっと資金が足りないというときには、頼りになる1枚ではないでしょうか。

・ETCカードは発行手数料がかかる
P-one Business MasterCardのデメリットとなるのが、ETCカードの発行手数料が有料となることです。
年会費が無料なのはありがたいのですが、発行時に1,000円(税別)の手数料が発生してしまうのです。
年会費、発行手数料、どちらも無料のETCカードの方がおすすめです。

■初年度年会費無料法人カード

初年度年会費無料となるクレジットカードは多々あります。
年会費が有料となると、どうしても入会をためらってしまいます。
年会費を支払ってまで発行する価値があるのか?と、考える人が多いためです。
そこで年会費を初年度無料にすることで、発行してもらいやすいようにしているわけです。
初年度年会費無料にすると、1年間だけでも使ってみようかな?と思ってくれる人がいます。
クレジットカードは入会時は審査があり必ずしも発行できるわけではありませんが、退会に関しては制限がありません。
基本的にいつ解約をしても良いですし、面倒な手続きも不要です。
1年間だけ使いダメなら解約…ということは、難しいことではありません。

初年度年会費無料は、法人カードでもあります。
おすすめなのはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、年会費31,000円(税別)と、年会費が高額な法人カードとなります。
初年度年会費が無料となるだけでも、3万円以上のお得になったことになります。
そう考えるとお得だと感じませんか?!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、上質なサービスとステータスの高さで人気が高い法人カードです。
ゴールドカードとの名前は付いていますが、年会費や機能はプラチナカード並の法人カードです。
どこに出しても恥ずかしくない法人カードが欲しいならおすすめです。

そしてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力となるのが、審査の柔軟さです。
法人カードは開業から2年以上経過しないと、審査通過が難しいとされています。
しかしアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、開業間もなくでも審査通過できる数少ない法人カードと言われています。
法人としての実績がなくても、経営者に返済能力があれば発行されてしまう法人カードなのです。
年会費は高額ですが、開業して間もないけれど法人カードが欲しいときにおすすめです。

また経営者がブラックでも、発行される可能性がある法人カードでもあります。
クレジットカードは通常ブラックの記録がある時点で審査落ち決定となってしまうことがほとんどなのですが、この法人カードは審査に通過できる可能性があるのです。
今現在の返済能力を重視する審査を行うので、過去にブラック情報があっても良い…という感じのようですね。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなら、意外と簡単に発行できるかもしれません。

■年会費が高額な法人カードは損?

法人カードは、年会費が高額なものがあります。
ゴールドカードやプラチナカードになると、年会費は1万円以上が普通です。
年会費が高いので、敬遠してしまう法人もいるでしょう。
しかし年会費が高いから、良くない法人カードというわけではありません。
たくさんのサービスを受けられ、年会費以上の価値があると感じられる法人カードも少なくはありません。

・レストランなど飲食店でのサービス
年会費が高額な法人カードは、レストランの飲食代が10%~20%オフになったり、2名以上のコース料理の1名分が無料になるとったサービスがあります。
飲食店でのサービスは、接待時に非常に役立ちます。
会社を円滑に運営するにあたり、必要となるのが接待です。
恥ずかしくない場所で、おもてなしをしなければなりません。
年間100万円以上も接待費がかかることもあり、法人カードで少しでも節約ができるとありがたいでしょう。
100万円の接待費で20%オフになったとすると、20万円も節約できることになりますね。

・コンシェルジュサービス
プラチナクラスに法人カードになると、付帯するサービスです。
コンシェルジュサービスは、いつでも頼れる秘書のようなもの。
接待や出張の手配などを、電話一つで請け負ってくれるサービスです。
自分で行うと手間も時間もかかりますが、コンシェルジュサービスに依頼をすればその時間を仕事に充てることもできます。
やや無理んと思われるような依頼も、法人カードのコンシェルジュサービスなら叶う…なんてこともあるようです。

・保険の付帯
ゴールドカード以上のクラスの年会費が高額な法人カードになると、海外旅行保険、国内旅行保険が付帯します。
出張時に保険があると安心です。
社員に追加カードを持たせていれば、本カードと同様の補償を受けることも可能。
大切な社員を守るためには、補償が手厚いのはありがたいことです。

・ホテルの優待
年会費が高額な法人カードには、ホテルの宿泊料金が50%オフになるといったサービスがあります。
高級ホテルのであればあるほど、割引になる金額が高くなりますね。
50,000円なら25,000円で宿泊できるわけですから、非常にお得です。
また料金はそのままで、部屋のグレードをアップしてくれるサービスもあります。

年会費が高額な法人カードは、年会費以上のお得になることも多いです。
全く使わないサービスばかり…という以外は、年会費が高額でも損をすることはないでしょう。

■年会費が高くてもおすすめの法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が20,000円(税別)の法人カードです。
セゾンカードとアメックスが提携して発行されています。

・年会費が半額に!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費20,000円(税別)です。
決して低い年会費の法人カードではありませんが、プラチナクラスと考えるとそれほど高くはありません。
しかも年間200万円以上の利用があれば、翌年度の年会費は10,000円(性別)になります。
年会費を半額にできるのでお得です。
年間200万円をクリアするのは難しそうですが、プラチナクラスの法人カードを持つようであればそれなりの利用金額はあるかと思われます。
法人カードはビジネス用の支出に使うため利用金額が高額になりがちなので、年間200万円というのは難しい金額ではありません。
年会費を半額にできる可能性は高いです。

・ポイントは有効期限なし!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでたまるポイントは、有効期限がない永久不滅ポイントです。
1,000円に1ポイントがたまり、還元率は約0.5%。
法人カードとしては一般的な還元率ですが、海外利用時は2倍の1.0%にアップします。
海外で法人カードの利用が多いなら、ポイントがたまりやすいです。

・JALマイルがたまる!
セゾンマイルクラブに登録をすると、ショッピングでJALマイルをためることができます。
1,000円に10マイル付与となり、還元率は1.0%になります。
さらに2,000円に1永久不滅ポイントの付与もあります。
永久不滅ポイントは200ポイント→500マイルに移行ができ、さらにマイルの還元率を上げることが可能です。
セゾンマイルクラブへの登録は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード会員は無料でできます。

・インビテーションは不要!
プラチナカードはインビテーションがないと、入会が不可能な場合があります。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、インビテーションなしでの発行が可能な法人カードです。
欲しくても申込ができない…ということはありません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が高額でもそれ以上の価値がある法人カードと言えるでしょう。
アメックスブランドなので、ステータスも高くおすすめです。