法人カードの審査で落ちないために覚えておくこと

■赤字で法人カードの審査に落ちる

法人カードの審査通過には、黒字経営であることが必須とされています。
しかも1期ではなく、2期以上の黒字であるのが望ましいです。
赤字経営であると、当然資金繰りに苦労していることになるでしょう。
法人カードを発行しても、支払いがスムーズに行われない可能性がでてきます。
遅延→滞納→破産…とならないか、クレジットカード会社は危惧します。
赤字であれば法人カードの審査に通らないのは、当然と言えるかもしれません。

法人カードに申込みをする際に、黒字経営であるとして申告すれば良い…というわけにもいきません。
法人カードでは、2期分の決算書の提出を義務付けているものが多くなっています。
書類を提出しますので、赤字であることを隠すことは難しいのです。
審査に通りたいからと「黒字です」とウソをついても、決算書の提出でばれてしまう…ということになりますね。
赤字決算であれば、正直に「赤字」で申込みをしなければなりません。

ただ赤字決算でも、審査通過できる法人カードは存在しています。
赤字決算でも発行しやすいとされている法人カードが、ライフカードビジネスです。
ライフカードビジネスは利用限度額が100万円未満であれば、決算書の提出は必要ありません。
赤字であってもかまわないことになり、審査通過できる可能性がある法人カードなのです。
法人カードで利用限度額100万円は少ない…と感じることがあるかもしれませんが、利用限度額はあとあと増額することが可能です。
とりあえず審査通過しやすい100万円未満の利用限度額にしておいて、後日限度額を引き上げれば良いでしょう。
ライフカードビジネスは法人カードでは珍しく、年会費無料なのも魅力です。

P-one Business MasterCardも、赤字決算でも審査に通りやすい法人カードだと言われています。
赤字経営でも実際に審査通過できたという例が非常に多い法人カードです。
決算書不要で申込みができる法人カードではありませんが、確定申告書や決算書が赤字であっても審査通過ができる可能性があります。
年会費は2,000円(税別)ですが、年間1度でも利用が確認されれば翌年度の年会費が無料になります。
入会初年度は年会費無料ですので、実質年会費無料でずっと使い続けることも可能です。
法人カードとしては貴重なキャッシング機能がついていますので、ちょっと現金が足りないときに頼りにすることもできるでしょう。
赤字経営の法人にはおすすめです。

■クレヒスが悪く法人カードの審査に落ちる

すでに法人カードを発行している場合は、その法人カードのクレヒスが審査に影響を及ぼします。
クレヒスが悪いと、審査には落ちてしまうでしょう。

悪いクレヒスとは

・遅延や延滞をしている
法人カードは支払日が決まっています。
遅れてしまうと遅延となりますので注意をしましょう。
法人カードは、支払い猶予期間が長くなっています。
最長では利用日から支払日まで3か月ほどもある法人カードもあります。
十分支払い金額を用意する期間があるのに、支払いが遅れてしまうというのは問題でしょう。
支払い能力がない法人であるとして、審査には落ちやすくなります。
支払日が遅れないように注意をしましょう。

・利用金額が高い
利用限度額いっぱいまで使っていると、資金繰りに困って法人カードを上限まで使わざるを得ないのだろう…と判断されやすくなります。
法人カードで支払った方がポイントも付くしお得なのでという理由で、なるべく現金支払いをせずに法人カードを使っているというケースもあるかと思います。
しかし法人カードの審査では、そうは思ってはくれないのです。
法人カードは利用限度額すれすれまで使わず、ある程度余裕を持った使い方をするのがおすすめです。
法人カードのみに頼らなくても良いだけ、資金に余裕があるとなり審査に通過しやすくなります。
利用限度額の20%くらいは、最低でも残しておいた方が良いでしょう。

・リボ払いを使っている
法人カードは基本的に一括払いとなります。
法人カードは利用金額が高くなりがちで、クレジットカード会社としては一括でさっさと支払って欲しいという思惑があります。
法人カードを使う方としても、リボは分割はメリットがある支払い方法ではありません。
利用金額が高くなる法人カードでは、リボや分割は支払い手数料がかさんでしまうためです。
そのため一括で支払いたい法人が多いのです。
しかしリボ払いや分割払いに対応している法人カードもあります。
一定金額を毎月支払えば良いので、、返済計画が立てやすいメリットはあります。
ただ一括で支払う能力があれば、無理に手数料が必要なリボを使う理由はないでしょう。
リボを使っている=お金がないということになってしまうのです。
お金がない法人に法人カードを発行しても、支払いをしてもらえなくなる可能性があります。
よって法人カードの審査に落ちる…となってしまうのです。
のちに発行する審査のためにも、法人カードは一括払いを利用しておくことをおすすめします。

■書類不備で法人カードの審査に落ちる

法人カードの審査落ち原因で、多いのが書類のミスです。
申込書類の不備による審査落ちは、本当にもったいないです。
申込書類の作成は、不備がないように気を付けましょう。

・空欄を作らない
法人カードの申込書類は、すべて埋めるようにしましょう。
空欄があると「こんなのも埋められないほどやる気がないのか?」と思われてしまいます。
法人カードが欲しければ、真面目に一生懸命書類を作成するかと思います。
それなのに空欄が多いとなると、それほど法人カードが欲しくないのだろう…といった印象も与えてしまいます。
その結果審査に落ちてしまうことになるのです。
もしわからない欄があっても、そのままにして提出をするのはやめてください。
クレジットカード会社に「ここはどうやって書いたら良いですか?」と、確認すると良いでしょう。

・間違わない
うっかり間違って記入してしまった…なんてことはあります。
ちょっとへまをするくらいのほうが愛嬌があって良い…なんてこともありますが、法人カードの審査ではそうはいきません。
「申込書もまともに作成できないほど不真面目な人」と判断され、審査に落ちてしまいます。
また間違いを記入してしまったことにより、確認ができなくなるといったケースもでてきます。
住所を間違えてしまい本人確認書類と合致しない、電話番号を間違えてクレジットカード会社から確認の電話ができない…なんてことになると、審査落ちは決定となってしまうでしょう。

・ウソをつかない
法人カードの審査を有利にするために、申込書にウソを記入する例があります。
しかし審査が有利になるどこか、不利になってしまうのでやめましょう。
ウソはほとんど暴かれてしまうことがほとんどなのです。
これまでにたくさんの審査を行ってきたプロの目は、ごまかせないということなのでしょう。
ウソを平気でつくような人は、人間的に問題があるとされます。
法人カードが悪用されるのではないか?と思われ、審査に落ちてしまいます。

・楷書で記入する
オンラインで申込みが多くなりましたが、手書きの書類で法人カードに申込みをするケースもまだあります。
記載をするときは楷書で記入をしていきましょう。
わかりづらい字だと、判読不能として審査ではじかれてしまうことがあります。
誰でもよみやすい、わかりやすい文字で記入をしてください。
字が上手ではなくても丁寧に記入をしていれば、好感を持たれます。
真面目な性格だと思われるため、法人カードの審査に通りやすくなります。

■高望みして法人カードの審査に落ちる

法人カードの審査基準はさまざまです。
審査が厳しいものもあれば、審査が甘いとされるものもあります。
身の丈に合った審査基準の法人カードに申込みをしましょう。
自分にとって審査が厳しい法人カードに申込みをしても、審査に落ちるのは当たり前となってしまいます。

・ステータスが高い法人カードはさける
法人カードには、一般、ゴールド、プラチナカードがあります。
審査が厳しいのは、法人カードの最高峰となるプラチナカードです。
いきなりプラチナカードを発行しようとしても、審査に落ちるのは当然でしょう。
まずは一般の法人カードから、始めるのがおすすめです。
一般クラスの法人カードを使い、クレジットカード会社に信用を付けましょう。
そしてゴールドカード→プラチナカードと、ランクを上げていくのがおすすめです。
利用状況が良ければ、クレジットカード会社からゴールドカードやプラチナカードのインビテーションが届くこともあります。
自分で申込みをするより、インビテーションでの申込の方が審査には通りやすくなります。

・口コミを参考にする
法人カードの審査基準は、公式サイトを見ても良くわかりません。
同じような入会基準であっても、審査が厳しかったり甘かったりすることもあります。
審査基準を判断するのは難しいのです。
そこで参考にしたいのが口コミです。
法人カードに申込みをした人の、口コミを探してみましょう。
審査通過できた人が多ければ、審査が甘い法人カードとなります。
審査落ちした人が多ければ、審査が厳しい法人カードとなるでしょう。

・意外と審査に通りやすいのは?
審査が柔軟であると言われているのが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
開業1年未満でも発行できる法人カードとしてあげられています。
開業間もなくでも法人カードが欲しい!というときは、おすすめの1枚です。
ただアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、ステータスの高い法人カードです。
審査が通りやすくても、審査が甘いというわけではありません。
経営者にそれなりの収入やクレヒスがなければ、審査通過するのは難しいでしょう。

そしてEX Gold for Biz iD×QUICPayも、審査通過しやすい法人カードとされています。
初めての法人カードとして発行されるケースも多いようです。
ゴールドカードではありますが2,000円(税別)と低年会費なので、一般クラスの法人カードに審査通過できれば発行できる可能性が高いです。

■資本金が低く法人カードの審査に落ちる

法人カードの審査では、資本金が見られます。
法人カードは返済能力がなければ審査通過ができません。
決算状況などで安定した利益を得ているかを判断します。
ただ法人というのは、どうしても利益に波があります。
これまでは経営状況が良く黒字が続いていても、急に赤字に転落してしまうこともあります。
法人カードを発行してから、経営破たんとなるケースも考えられるのです。
経営破たんとなると、法人カードの利用金額は返済されません。
クレジットカード会社は、大きな損失を出してしまいます。
それを防止するために、見られるのが資本金となります。

法人カードの支払いができなくなったときに、資本金を回せる…ということがあります。
そのため資本金が高ければ高いほど、法人カードの審査には通りやすくなるのです。
特に開業間もなくて法人としても信用がまだ低いときは、資本金は大きな存在となります。
開業して1年未満でも、資本金が高ければ審査通過できる可能性も高くなります。

現在は資本金がなくても、開業できるような状況になっています。
資本金1円といった法人も少なくはありません。
しかし法人カードの審査に通るには、ある程度の資本金は必要…となるでしょう。

ではどのくらいの資本金があれば、法人カードの審査に通るのか?!気になるところですね。
それは法人の規模により異なりますので何とも言えません。
目安としては、1か月の支出がどのくらいであるのかを考えると良いでしょう。
支出が50万円であれば、資本金100万円あれば2か月は持ちます。
資本金500万円であれば、10か月間は経営破たんを免れられます。
法人カードは長くても3か月の建て替えとなりますので、3か月は持つ150万円以上の資本金があれば審査に通りやすくなるでしょう。

会社員であれば、毎月一定の収入を得ることができます。
先月に比べて今月の給料が極端に少ない…といったことはありません。
毎月クレジットカードを使っても支払いがしやすいため、クレジットカードの審査に通りやすくなります。
一方法人カードは収入が不安定になりがちな事業主を対象にしていますので、審査は慎重になってしまいます。
起業をするには、多額の資金が必要になります。
資本金を高額にするのは難しいケースも多いでしょうが、1円で起業…というのは避けた方が良いかもしれませんね。
法人カード審査に全然通らなく困ってしまった…なんてことになりかねないでしょう。