法人カードのメリットと、おすすめ法人カード特集

■法人カードはすごい!個人事業主や個人向けのクレジットカードとの違いは?

クレジットカードの分類方法はいくつかあります。たとえばゴールドカードやブラックカードなど、グレードによって分ける方法がよく使われています。

分類方法の1つに、使用者のカテゴリーによるものがあります。法人や個人事業主といった使用者の立場によって区分するのです。特に法人向けのクレジットカードは法人カードと呼ばれ、個人向けと明確に区別されることが多いです。個人事業主向けのカードは法人カードと同一になっているケースが多く見られます。そこで今回は、法人カードと個人向けカードの違いを説明します。

法人カードはその名の通り、法人が名義となって契約するカードです。所有する法人が決済を行って支払いを済ませます。使用したお金は法人の保有する口座からしか引き落とされません。一方で個人向けのクレジットカードは個人が決済を行って支払います。料金が引き落とされる口座は、個人の保有する口座です。家族カードなどの場合は、メインの契約者の口座からまとめて引き落とされるケースが多いです。個人事業主の中には、個人向けのクレジットカードを使っている人も少なくないと考えられます。

その他の違いとしては、法人カードの方が厳しく審査される点が挙げられます。個人向けのクレジットカードでは審査が非常に緩いものも少なくありません。年会費も個人向けのものより高いのが一般的です。クレジットカードには、振込の手間を減らしたり支払いを簡単にできる利点があります。法人がこれらの恩恵を受けられると、経費削減や収益拡大に繋がることが多いです。つまり法人がクレジットカードを使用することには、非常に大きな意味があるといえます。その分だけ審査が厳しくなっており、年会費も高く設定されていると考えられます。

また法人カードには、個人向けより法人にとって便利な特典が設定されているものが多いです。ビジネスシーンにおいて有効に利用できる特典が多く見られるのです。たとえば チケットレスの国内旅行 を行えるサービスなどがあります。インターネットを使用して出張の予約をすることで、チケットレスで急な出張にも対応が可能です。

その他にも、ビジネスの支援サービスとして、コスト削減などのサポートを行ってくれる会社も存在します。 このように単なる支払い方法の枠を超えたビジネス用のアイテムといえます。特典は会社によって異なるので、内容を確認して自分の法人に役立つか確認すると良いでしょう。

■法人カードは従業員に持たせることで経費精算が楽になる

法人カードは、法人の名義で作成することができるクレジットカードです。法人カードを作ることにはいくつかのメリットがあります。まず一つが、経費精算が楽になることです。法人カードは複数枚を発行して従業員に持たせることができますが、その決裁をした金額の支払いは法人口座から支払われることになります。そのため、従業員が立て替え払いをして、あとで経費精算をするという手間がかかることがありません。従業員にしても、あとで経費として落とせるのか不安を感じる必要がありませんし、前もって自腹でお金を用意しておく必要がなくなるため、心理的に楽になります。また、現金のやり取りをしなくなることから、それに伴う紛失や、経理上の手間がかからなくなり、合理化されます。

もう一つは、法人カードを利用することで経費を節約できることが挙げられます。その理由は、クレジットカードのポイントプログラムの存在です。クレジットカードは利用した金額に応じてポイントが発行されますが、これは法人カードも一緒です。そして、貯まったポイントは、支払いに充当したり、商品と交換したりすることができます。支払いに充てれば割引がなされるのと同じですし、交換することができる商品には日常に使用できる生活用品や商品券、ギフトなど多岐にわたります。そのため、必需品と交換することでその分の費用を抑えることが可能となります。

カードを維持するコストもそこまで高くはありません。初年度は会費が取られるものであっても、利用額に応じて次年度以降の年会費が無料となるカードは多いです。そのための決済額はある程度高く設定されていることもありますが、法人での年間決済額は高いため、その条件を満たすことは困難ではありません。そのため、次年度以降は無料でカードを維持しやすいです。
管理のしやすさも良い点です。どの従業員がいつ、何に使用したのかは、会員専用のサイトで随時チェックされます。これは不正が効かないので、従業員が目的外のことに使用してもすぐばれます。したがって、従業員が不正利用する可能性は限りなく低いですし、仮に不正利用した場合、厳正な処置を直ちにとることができます。

以上のように、法人カードを導入することには大きなメリットがあります。そして、法人カードは、審査も法人の情報を基に行うため、個人で申し込む場合に比べて通りやすいです。したがって、作っておいて損は有りません。

■法人カード「楽天ビジネスカード」に注目!

法人カードの楽天ビジネスカードは、高還元率で知られています。利用すると、たくさんおポイントがゲットできるわけです。中にはポイント目的で取得している方もいるほどです。カードを利用する最大のメリットと言えば、やはりポイントですよね。

そこで今回注目してみたのが「年会費」です。楽天ビジネスカードの年会費はどの程度に設定されているのでしょうか。高いのでしょうか。それとも安いのでしょうか?

個人カードである楽天カードは年会費は完全無料であることは知られていますが、法人カードについては知られていませんよね。

・楽天ビジネスカードの年会費・・・2,000円

楽天ビジネスカードの年会費ですが、法人カードなので流石に年会費無料とはいきません。しかし、年会費は2,000円と低価格になっているのです。年間で2,000円であれば、大きな負担にも感じませんよね。安心して継続利用していけるわけです。

ちなみに、2,000円の年会費を取り戻すことは難しくありません。楽天ビジネスカード(プレミアムカード)のポイント還元率は1.0%以上です。1.0%と仮定した場合であったとしても、年会費2,000円を取り戻すためには年間で20万円を利用すればよいわけです。法人カードであれば、年間100万円以上使うことも珍しくありませんよね。ですから年会費はほとんど気にする必要はありません。

■楽天ビジネスカードの還元率!

法人カードは年間で高額な利用になることも多いですね。会社の経費の決済に利用することも多いので、高額利用になることが多いのです。年間で数百万円以上利用している方もいるほどです。
そこで注目をしていきたいのが法人カードの還元率です。イメージとしては、法人カードの還元率は低い、というものがあると思います。

今回は楽天ビジネスカードの還元率についてお話します。実は、素晴らしい還元率を誇っているカードなのです。どの程度のポイントが貰えるカードなのでしょうか?確かめてみましょう。

・楽天ビジネスカードのポイント還元率・・・1.0%から2.0%

法人カードとしては圧倒的な高還元率、と言っても過言ではありません。少なくても、1.0%の還元率となっているので、年間300万円の利用があった場合には、年間で30,000円分のポイントがゲットできるわけです。500万円であれば、50,000円分のポイントをゲットすることになります。

ちなみに獲得できる楽天スーパーポイントですが、楽天市場での利用が可能です。1ポ医院とあたり1円分として利用できます。また、楽天スーパーポイントを提携ポイントやマイルに交換することも可能ですよ。どこかのポイントに集約したい、と考えている方にもおすすめの法人カードなのです。

■楽天ビジネスカードは保険サービスもすごい

法人カードの楽天ビジネスカードはどうしても還元率に目を向けられがちです。高還元率となっているので、ポイントが貯まりやすい点が人気の秘密となっています。しかし、他にも注目すべきところはたくさんあるのです。

今回は、楽天ビジネスカード(プレミアムカード)の保険サービスに目を向けます。実際にどのような保険サービスを用意しているのでしょうか。補償額はどの程度に設定されているのでしょうか。確認してみましょう。

・海外旅行保険・・・最高5,000万円
・国内旅行保険・・・最高5,000万円
・ショッピング保険・・・最高300万円

楽天ビジネスカード(プレミアムカード)はゴールドカード相当となっているわけですが、年会費は2,000円です。それでいて、上記のような素晴らしい保険がついています。カードを安心して使っていけますし、オトクなカードといった判断もできるのではありませんか?

海外旅行や海外出張によく行く、という機会が多い方もいるでしょう。最高補償額が5,000万円もあれば、安心して出張にも旅行にも出発できるはずです。
楽天ビジネスカードは高還元率でお得なカードでもあるのですが、我々に安心感を与えてくれるカードでもあったのです。

■楽天ビジネスカードの利用可能枠について

法人カードを利用する前にチェックしておきたいのが利用可能枠です。高額の利用がしたいのに、利用可能枠が小さければそのカードは有効活用できない、ということになってしまいます。特に法人カードに関しては、高額な利用をすることも多いわけです。そういったケースにも対応できるものを選択しましょう。

今回は高還元率な法人カードである楽天ビジネスカードの利用可能枠についてお話します。実際にどの程度の利用可能枠設定となっているのでしょうか?高額設定なのでしょうか?それとも低額設定となってしまっているのでしょうか?

・楽天ビジネスカード(プレミアムカード)の最小利用限度額・・・10万円
・楽天ビジネスカード(プレミアムカード)の最大利用限度額・・・300万円

審査結果によっても利用限度額は変わってくるのですが、利用限度額に関しては最大で300万円までの設定となっているのです。有利な属性情報がなければ300万円の設定は難しいのですが、それでも高額の利用ができる可能性があることには変わりありません。

年間でかなりの金額を使う予定、という方は必見のクレジットカードです。年会費が2,000円で最大の利用限度枠が300万円というのは非常に素晴らしいことなんです。

■楽天ビジネスカードのETCカードについて

法人カードを探している方の中には、追加カードの発行としてのETCカードに注目している方も多いのではありませんか?ETCカードですが、自動車を利用している方には欠かせない存在です。有料道路を割り引き通行できる場合もあるのです。ETCレーンを利用できるので、料金の受け渡しに手間取るようなこともありません。

問題となってくるのが、法人カードの追加カードとしてETCカードを発行できるのか、という部分です。

今回は高還元率の法人カードである楽天ビジネスカードとETCカードについてお話します。発行できるのでしょうか?それとも追加カードとして発行できないのでしょうか?

・楽天ビジネスカード(プレミアムカード)はETCカードを発行できる!

楽天ビジネスカード(プレミアムカード)に関しては、跛行できるので心配はありません。英業者などで利用するETCカードを作りたい、という希望を叶えてもらえる法人カードなのです。

さらに楽天ビジネスカード(プレミアムカード)には大きなメリットがあります。そのメリットですが、年会費が無料である、というものです。さらに発行手数料が無料、といった嬉しいメリットがあるところも見逃せません。

単にETCカードを発行できるだけではなく、継続的な費用もかかってこないのです!