人気法人カード審査の口コミまとめ

■JCB法人カード一般

法人カードの定番となるのが、JCB法人カード一般です。
使いやすく初めての法人カードとして選ばれることも多くなっています。

JCB法人カード一般の口コミ

・初めての法人カード
開業から4年、これまでは個人のクレジットカードを使っていましたが、やはり法人カードがあった方が便利かと取得をすることにしました。
調べてみたところ、JCB法人カードがよさげでした。
JCBカードは老舗のクレジットカード会社ですし、信頼もできそうです。
申込をした翌々日には審査通過の通知が届き、約2週間ほどで届きました。
初めての法人カードでしたが、ちゃんと発行できて良かったです。

・ETCカードの発行枚数制限なし!
JCB法人カードを選んだのは、ETCカードの複数枚発行が可能だったからです。
車両によりETCカードを使い分けたいと思っていたので、助かっています。
実は以前JCB法人カード一般に申込みをしたことがあるのですが、審査に落ちてしまいました。
当時は固定電話を持っていなかったのが、審査落ちの原因だったようです。
その後ちゃんと事業所に固定電話を付けたので、今回は審査に通過できたのではないでしょうか。
JCB法人カードの審査通過には、固定電話は必須だと思います。

・ダメでした…
開業1年でJCB法人カードに申し込みをしてみましたが、審査落ちしてしまいました。
開業間もなくでは、審査通過は難しい法人カードという印象です。
その後別の法人カードに申込みをしてみたところ、審査通過ができました。
やはり法人カードにより、審査基準は違うんですね。
経営年数3年以上経過してから、申し込みをする方が良い法人カードだと思います。

・グレードアップしていきたい
いきなりゴールドカードは恐れ多いと思い、一般クラスの法人カードに申込みをしました。
JCB法人カードは一般クラス、ゴールド、プラチナ…と育てていける法人カードなので、使い甲斐があります。
一般クラスだとそれほど審査は厳しくないと思いました。
経営年数3年以上で固定電話があれば、審査通過はしやすいと思います。
私の場合は2期以上の黒字ではなくても発行できたので…。
もともと個人でJCBカードを使っており、事故などの起こしていなかったのが良かったのかもしれません。

JCB法人カード一般は1,250円(税別)と、リーズナブルな年会費で持てる法人カードです。
将来的にゴールドやプラチナの法人カードを取得したい方にもおすすめです。

■三井住友ビジネスクラシック

日本で一番有名なクレジットカード会社といえば、三井住友VISAカードかもしれません。
そんな三井住友VISAカードが発行している法人カードが、三井住友ビジネスクラシックカードです。

三井住友ビジネスクラシックカードの口コミ

・銀行系だけど発行できた
銀行系の法人カードは審査が厳し目と言われていますので、審査通過できるか心配でした。
審査落ちしてもいいかくらいの気持ちでいたのですが、無事に審査通過ができました。
三井住友カードはステータスもありますし、発行できて良かったです。
ちなみに経営年数7年で申込みをしました。
友人はわが社より年収がかなり高いですが、起業から2年で申込みをしたら審査に落ちたそうです。
三井住友ビジネスクラシックカードは、経営年数を重視した審査をしているのかもしれません。

・追加カードの年会費が安い
三井住友ビジネスクラシックカードは、従業員20名以下を目安とした法人カードです。
追加カードを発行したい中小企業に向いているのですが、追加カードの年会費が安い!
本カードの年会費は1,250円(税別)ですが、追加カードは400円(税別)ですみます。
追加カードを発行したい場合は、年会費負担がなくて良いと思います。

・審査否決されました…
個人で三井住友カードを使っていたので、法人カードも同じ方が良いかと選びました。
開業して1年で申込みをしましたが、見事に否決…。
個人のクレヒスに自信があったのでイケるかと思ったのですが、法人カードはそううまく行かなかったようです。
後で調べてみたら三井住友ビジネスクラシックカードは経営年数が3年以上ないと、審査通過するのは難しいとのこと。
開業1年で申込みをしたのは、無謀だったのかもしれません。
開業まもなくでも発行できる、他の法人カードに申込みをしてみます。

・発行までやや時間かかりました
審査通過できましたが、申込みから手元に届くまで3週間くらいかかりました
個人向けだと1週間くらいで届くこともあるので、やや発行まで時間がかかった印象があります。
法人カードは発行まで時間がかかるものなので、仕方ないのかもしれませんが。
将来的にはゴールドやプラチナの法人カードに、ランクアップさせていこうかと思っています。

三井住友ビジネスクラシックカードは銀行系の法人カードなので、審査はやや厳しめ…と見てよさそうです。
審査通過をするには、経営年数3年以上は必須と思われます。
できれば2期以上の黒字で、申込みをしたいですね。

■ビジネクスト法人カード

ビジネスローンを専門としているビジネクストは、法人カードも発行しています。
それがビジネクスト法人カードです。
知名度はそれほどありませんが、審査に通りやすいとして知る人ぞ知る法人カードとなっています。

ビジネクスト法人カードの口コミ

・赤字でも発行できた!
法人カードは赤字続きでは、発行が難しいです。
決算書を提出すれば黒字と偽って申込をすることもできません。
ビジネクスト法人カードは、赤字経営でも審査通過ができるのは本当のようです。
他では否決されていた自分も、ビジネクスト法人カードなら発行することができました。
やっと念願の法人カードの取得ができ、大変助かっています。
実際に公式サイトにも「赤字でも発行可能」あります。
「赤字だから…」と法人カードの取得をあきらめなくて良いのはありがたいですね。

・年会費無料が良い
年会費無料の法人カードを探していました。
ライフカードビジネスとどちらにしようか迷いましたが、少しでもポイントがたまる方が良いのでビジネクスト法人カードにしました。
ポイント還元率は0.25%と高くはありませんが、まったくポイントがたまらないよりはマシです。
追加カードやETCカードも年会費無料なのも良いです。
ステータスを気にしなければ、良い法人カードではないでしょうか。

・他はダメだったけど…
開業4年、赤字の個人事業主です。
別の法人カードに申込みをしましたが瞬殺。
審査が柔軟というビジネクスト法人カードに申込みをしたところ、審査に通過することができました。
利用限度額が100万円以下だと確定申告書の提出が不要でした。
申込みから発行までは10日くらいしかかからず、法人カードにすると早いのではないでしょうか。

・ローンカードだと思っていました
ビジネクストはビジネスローンの会社なので、ビジネクスト法人カードはてっきりローンカードだと思っていました。
クレジットカードじゃなきゃ審査通過しやすいのは当たり前だろ!と思っていたのですが、ちゃんとVISAが付帯したクレジットカードなんですね。
年会費無料だし、これなら発行してもよいかなと思いました。
利用限度額が低ければ、本人確認書類だけで申込みができるので、気軽に申込ができそうです。

ビジネクスト法人カードは、赤字経営でも発行しやすい法人カードのようです。
他で断れてしまった場合でも、ビジネクスト法人カードなら審査通過できるかもしれません。
年会費無料なのにポイントがたまるのも嬉しいですね。

■MUFGカードビジネス

MUFGカードビジネスは1,250円(税別)と、手ごろな年会費で発行できる法人カードです。

MUFGカードビジネスの口コミ

・赤字では無理
MUFGカードビジネスは、申込み資格に「原則黒字決算の法人」とあります。
黒字経営でなければ、審査通過は難しい法人カードのようです。
僕は赤字の個人事業主です。
赤字といってもそれほどマイナスが多い…というわけではないので、大丈夫かも?と淡い期待を抱いて申込みましたがダメでした。
審査通過するには黒字であることは必須条件なのでしょう。

・とりあえず申込してみた
個人的にMUFGカードゴールドを使っており、MUFGカードにはなじみがあります。
年会費が1,250円と低いですし、追加カードは何枚でも発行可能ということで、MUFGカードビジネスに申込みをしてみました。
経営年数5年、一応2期以上の黒字経営であったためか、審査に通ることができました。
デメリットはETCカードの発行手数料が必要になることです。
ETCカードは年会費だけでなく、発行手数料も無料の法人カードで発行したいと思います。

・普通かな
利用限度額が40万円~80万円と、法人カードにするとあまり高くはありません。
高額利用をしたいなら、ちょっと厳しいかなという感じです。
ポイント還元率は0.5%、年会費は1,250円、旅行保険の付帯はなしと、いたって普通の法人カードという印象です。
これで審査に通りやすいとでもなればおすすめですが、審査は法人カードとしては一般的です。
黒字経営でなければ審査落ち確率が高いですし、MUFGカードビジネスより審査通過しやすい法人カードはたくさんあると思います。
なので特別選ぶ必要はない法人カードかな…なんて感じもします。

・審査落ちしました
何枚かの法人カードに申し込みをしたところ、MUFGカードビジネスには審査落ちしてしまいました。
銀行系のクレジットカード会社なので、審査は厳しめなのかもしれません。
ただ同じ銀行系のJCB法人カード一般の審査には通過できました。
JCB法人カード一般よりも、審査は厳密に行われているのでしょうかね。
審査には落ちましたが、JCB法人カードは発行できたので困ってはいません。

MUFGカードビジネスは、審査が厳しめと感じている方が多いようです。
「原則黒字決算」が申込の基準になっており、赤字決算だと門前払いとなってしまう可能性もあるでしょう。
赤字の場合は、MUFGカードビジネスは選ばない方が良さそうです。

■オリコビジネスGold

オリコビジネスカードGoldはゴールドクラスの法人カードですが、年会費2,000円(税別)と格安です。
コスパが高いとして人気が高いです。

オリコビジネスカードGoldの口コミ

・憧れのゴールドカード
一般カードよりもゴールドカードの方がカッコイイです。
オリコビジネスカードGoldは券面がいかにもゴールド!という感じがして、目立って良いですね。
社員にも持たせていますが、なかなか評判が良いです。
一般カードに比べると審査通過は難しいと思いますが、他のゴールドカードに比べるとそれほど厳しい審査ではないような気がします。
年会費が2,000円と低いからでしょうか。

・利用限度額が高い
オリコビジネスカードGoldは、利用限度額が1,000万円と高いです。
社員に使わせるとすぐに利用限度がいっぱいになる…という法人カードもあるので、限度額が高いのは便利です。
追加カードごとに利用限度額が設定できるのも良いですね。
ただ利用限度額が高いと、審査は厳しめになるのではないかと思います。
たくさん使われて経営破たんされてしまうと、クレジットカード会社には大きな損害となりますので。
わが社は無事に発行ができましたが、知り合いのところは審査落ちしたと言ってました。
審査対策はしっかり行っておいた方が良いかと思います。

・年会費は低いが…
年会費が低いゴールドカードは、サービスに制限があることが多いです。
しかしオリコビジネスカードGoldは、ゴールドカードならではのサービスは一通り付帯しています。
旅行保険や空港ラウンジ無料利用もありますので、出張時にも使える法人カードです。
ただポイントサービスはない法人カードです。
だから年会費を低くして、ここまでサービスを充実させられるんですね…。
ポイントを貯めたい場合には不向きですが、ポイントは気にしないならおすすめの法人カードではないでしょうか。

・スタンダードからランクを上げました
オリコビジネススタンダードを使っていましたが、オリコからゴールドにしませんか?と勧誘を受けオリコビジネスカードGoldにしました。
ゴールドカードっぽいデザインでステータスもそれなりに感じ、ゴールドにして良かったと思っています。

オリコビジネスカードGoldはゴールドカードにしては審査が甘いという意見もあれば、審査は厳しめ…という意見もあり審査基準を判断するのが難しそうです。
基本的には経営年数3年以上、2期以上の黒字経営は、審査通過には必須の条件だと思われます。