法人カードの選び方などのまとめ

■法人カードは追加カードの年会費で選ぶ

法人カードを選択するときに、注目したいのは年会費でしょう。
年会費負担を減らしたいなら、年会費が低いものを選択するのがおすすめです。
年会費が高くてもサービス面が充実した法人カードが良い…という場合は、自分が使えそうなサービスがある法人カードを選んでください。

そして法人カードの場合は、本カード以外の年会費もチェックしておいてください。

・追加カード
法人カードは社員や従業員に使わせるため、追加カードを発行します。
追加カードにもそれぞれ年会費が設定されていますので、確認しておきましょう。
個人向けカードは本カードにくらべ、家族カードの年会費は低くなっていることが多いです。
しかし法人カードは、本カードと追加カードの年会費が同じということもあります。
本カードの年会費が低くても、追加カードを発行したら年会費負担が大きくなってしまった…といった状況も起こりえます。
今は追加カードが不要でも、将来的に必要になることも考えられます。
事業を拡大する可能性はありますからね。
現在だけでなく今後も見据えて、法人カードを選ぶと良いでしょう。

・ETCカード
法人カードで、追加発行しておきたいのがETCカードです。
ETCカードがあると、走行料金が割引になるのはご存知の通りでしょう。
業務で車を使う場合は、ETCカードは必須です。
ETCカードにも、年会費が設定されています。
おすすめなのは年会費無料のETCカードです。
ETCカードは年会費が無料でも有料でも、割引率が変わることはありません。
使い方にも違いはありませんので、わざわざ年会費有料を選ぶ理由はないのです。
年会費無料で十分ですので、ETCカードの年会費は必ずチェックしておいてください。
そしてETCカードには、発行手数料があります。
発行手数料はだいたい1,000円程度に設定されており、発行時のみに必要となる費用です。
年会費のように毎年請求されるものではありませんが、これもあるよりない方が断然良いです。
発行手数料無料で発行ETCカードを発行できる、法人カードを選びましょう。

ETCカードは年会費、発行手数料がどちらも必要になるもの、どちらか必要になるもの、どちらも無料になるものがあります。
どちらも無料とうのが、一番おすすめとなります。

法人カードの追加カードは、発行できる枚数が制限されていることがあります。
どの法人カードでも、無制限に発行できることはないのです。
年会費と一緒に、発行枚数のチェックもしておいてください。

■法人カードの還元率と有効期限をチェック

法人カードでポイントを貯めるときに、注意をしたいのが有効期限です。
法人カードのポイントは1年や2年といった期限があります。
それを過ぎてしまうと、自動的にポイントは失効します。
どんなにたくさんのポイントがたまっていても、期限切れを起こすとパーになってしまうのです。
還元率が高い法人カードでポイントをたくさんためても、意味がなくなってしまいますね。

法人カードのポイント有効期限

・一般的なのは2年
法人カードのポイント有効期限は、2年としているものが多いです。
2年でどのくらい貯められるか、計算をしておくと良いでしょう。

・ゴールドカード以上の場合
ゴールドカードになると1年延長され3年になったり、プラチナカードになると有効期限がなくなる…となる法人カードが増えてきます。
法人カードのランクが上がるほど、ポイント有効期限が延長となるサービスがあるのです。

法人カードの有効期限は、クレジットカードの会員サイトで確認ができます。
明細を確認するときに、有効期限もチェックしておくと良いでしょう。

法人カードには、ポイント有効期限がないものもあります。
還元率が多少低くても、失効することがなければポイントを有効的に使える可能性が高くなるでしょう。
期限が切れるので慌てて不要なものと交換してしまった…、なんてことにもなりません。

・実質有効期限なしの法人カード
「最後に獲得した日から1年間が有効期限」というポイントなら、年に1度でも利用があればポイント有効期限を永遠に伸ばすことができます。
Tポイントや楽天スーパーポイントなど、共通ポイントに多いシステムです。
法人カードだと楽天スーパーポイントがたまる、楽天ビジネスカードが当てはまります。

・無条件で有効期限なしの法人カード
無条件でポイント有効期限がないポイントです。
退会さえしなければ、永遠にポイントを貯め続けることができます。
利用金額が少なくそれほどポイントを貯められない…というときも、ポイント失効しないのは嬉しいですね。

おすすめなのは、無条件で有効期限がないポイントです。
代表的なのは、セゾンカードやUCカードのの永久不滅ポイントでしょう。
法人カードですとUC法人カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなどが、永久不滅ポイントとなります。
どちらの法人カードも基本的なポイント還元率は0.5%と普通ですが、ポイントを失効する必要がなくおすすめです。

■還元率が高く審査が柔軟な法人カードがおすすめ

法人カードで重要となるのが、審査通過ができるかです。
ポイント還元率が高い法人カードを選んでも、審査通過ができなければ使うことはできません。
ポイントを貯めることは不可能となってしまうのです。
ポイント還元率が高くても、審査通過が難しい法人カードはあきらめるしかありません。
ポイント還元率が低くなってしまっても、審査をクリアできる法人カードを選びましょう。

法人カードの審査基準

・開業年数
法人カードは開業から3年以上経過しないと、審査通過が難しいとされています。
開業間もなくでは法人としてこれからどうなるのかの検討がつきにくいです。
業績が上がる可能性もありますが、軌道に乗る前に経営破たん…となる可能性もあります。
破産をされてしまうと、クレジットカード会社は法人カードの利用分を踏み倒しされてしまいます。
それは避けたいですから、経営が軌道に乗るまでの3年間は法人カードを発行しない…というクレジットカード会社が多いのです。

・経営状態
法人カードの審査では、経営状況が重要になります。
好ましいのは黒字経営で、しかも2期以上とする法人カードが多いです。
経営状態が思わしくないと、法人カードの支払に影響が出ると考えられます。
1期のみ黒字でも来期以降は赤字に転落…となることもありますから、安定して黒字経営と見なせる「2期以上の黒字」としているのです。

・固定電話
クレジットカードは連絡先が携帯電話のみでも発行ができます。
しかし法人カードは、固定電話がないと審査に落ちるケースが多いようです。
これは法人としても実態があるか、確認をするためと言われています。
携帯電話のみだと架空の法人で申込みをし、法人カードを悪用する可能性が否めません。
そのため固定電話がないと、法人カードの発行は難しいのです。

ただ法人カードにより、審査に基準は異なります。
上記のような条件は、一般的に言われているもの。
すべてクリアできなくても、発行できる法人カードもありますので安心してください。

ポイント還元率が高いクレジットカードは、審査が厳しい傾向にあるとされています。
しかし法人カードはポイント還元率が高いからといって、すごく審査が厳しい!ということはないようです。
法人カードは種類がそれほど多くなく、ポイント還元率は0.5%が多いです。
ポイント還元率が審査基準と連動していることになると、どれも同じと審査基準となってしまいます。
審査が柔軟でもポイント還元率が高い法人カードを選ぶのがおすすめです。

■ポイント還元率0%の法人カードもある

法人カードはポイント還元率を比較し、選択するのがおすすめです。
ポイントがたまりやすくお得になるためです。
ただどの法人カードでも、ポイントがたまるわけではありません。
ポイントシステムがなく、還元率が0%という法人カードもあるのです。

・ライフカードビジネス
ライフカードビジネスは年会費永年無料の法人カードです。
法人カードで年会費が無料というのは珍しいです。
しかしポイントサービスがありません。
ポイント還元がない代わりに、年会費が無料になっているのです。

ライフカードビジネスは、追加カードやETCカードも年会費無料です。
何枚発行しても年会費負担がないので、気軽に発行できるでしょう。
いざというときのために、サブカードとして発行しておくのもおすすめです。
年会費無料ですが利用限度額が最高500万円と高く、メインの法人カードの利用限度額がいっぱいになってしまった…というときに、あると慌わてなくて済むでしょう。

・オリコビジネスカードGold
年会費2,000円(税別)で発行できるゴールド法人カードです。
年会費は格安ですが、ゴールドカードの基本的なサービスはすべて付帯しているのが特徴です。
国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川空港のラウンジを、無料で利用することができます。
また最高5,000万円の海外旅行保険と国内旅行保険が付帯。
海外旅行保険は自動付帯となっており、さすがゴールドカード!と言った感じです。

ただオリコビジネスカードGoldは、ポイントシステムがありません。
iDやQUICPayの電子マネーも付帯していますが、こちらの利用でもポイントは獲得できません。
還元率は0%となってしまうのです。
これだけのサービスが付帯しておりポイント還元もあるとなると、年会費は10,000円くらいにはなってしまうでしょう。
ポイント還元率がなくても、年会費を抑えながらゴールドカードのサービスを使いたい方におすすめの法人カードです。

ポイント還元率がない法人カードは、年会費が抑えられている傾向にあります。
あまり法人カードを使わないなら、年会費負担が少なくおすすめです。
しかし法人カードの利用金額が高いなら、年会費が有料でもポイント還元率が高い方がお得となるでしょう。
還元率0.5%の法人カードを100万円使えば、5,000円相当のポイントを獲得できます。
年会費2,000円程度の法人カードなら、十分ポイントで年会費の元はとれます。

■審査基準で法人カードを選ぶ

法人カードは経営者には必須のクレジットカードです。
クレジットカードでの支払いが当たり前になっている現在、法人であってもクレジットカードがないと困る場面はでてきやすいです。
法人カードの1枚くらいは、持っていて当然と言えるでしょう。

法人カードの選び方にはいくつかあります。
ポイントをためて経費の節約をしたいなら、ポイントがたまりやすい法人カードがおすすめです。
ポイント還元率が高い、ボーナスポイントがある、よく利用する場面でポイント倍率が上がる…といった法人カードを選ぶのが良いでしょう。

法人カードの年会費負担がきになる場合は、年会費の低さで選ぶのがおすすめです。
法人カードは年会費有料が多いですが、中には永年年会費無料や実質年会費無料になるものもあります。
また年会費有料でも1,000円~2,000円程度であれば、それほど大きな負担にはなりません。

そして重要となるのが、審査の通りやすさです。
個人向け、法人向けに限らず、クレジットカードには必ず審査があります。
無審査のクレジットカードはあり得ませんので、審査落ちしない法人カードを探すのは重要です。
どんなに自分に合っていると思う法人カードであっても、審査落ちしてしまうと持つことができませんからね。
機能が多少劣っても、審査通過しやすい法人カードを選ぶ必要があるでしょう。

法人カードは審査が厳しく、取得のハードルが高い…というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
法人カードの審査に通る条件とされているのが、経営年数3年以上、二期以上の黒字経営、固定電話があるということです。
この3つをクリアしないと、法人カードの審査には落ちやすいとされています。
起業して間もない法人や、経営が思わしくなく赤字…という場合は、やはり法人カードの取得は難しいと感じてしまうかもしれません。

しかしどの法人カードも、審査基準が同じわけではありません。
それぞれに審査基準がありますので、審査が比較的ゆるいと感じるものもあります。
起業してから1年未満、黒字経営ではなくても、審査通過できる可能性はあるのです。

ただどの法人カードが審査が厳しく、どれが審査が甘いのか、判断をするのは難しいです。
公式サイトの入会基準を見ても、良くわからないのが現実でしょう。
審査基準を知りたいときに、役立つのが口コミです。
法人カードの審査についての口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください。