法人カードの審査を徹底調査してみた

■法人カードの審査に係る決算状況とは

法人カードを持てる状態にある方は、なるべく作成をおすすめします。法人カードを持っておくことで、仕事の経費を一括管理できるようになるのです。どのようなものにどれだけ利用しているのか、ということが理解できるだけでも経営には大きなプラスでしょう。法人カードを持つだけでそのような状況になれるとしたら、カードを作らなければもったいない、といったことになるわけです。

今回は、法人カードの審査について色々と明らかにしていきます。初めて法人カードの審査を受ける、という方は特に注目ですよ。

最初にお話させてもらうのが、法人カードの審査と決算状況です。決算状況は良いほうが良いのは決まっていることですが、赤字では絶対に行けないのでしょうか。たとえば、前年だけ赤字になっている、というケースもありますよね。そういった場合はどのように判定されるのでしょうか。確認していきましょう。

できれば「2期以上の連続黒字決算」の方が良い、とされています。やはりカード会社としても、黒字決算の業者の方が安心してカードを発行できるわけです。しかし、ステータス性はそれほど高くないような一般的な法人カードであれば黒字決算は絶対ではありません。赤字の額がそれほど高くなければ問題なし、と判断してくれることもあるのです。赤字でも法人カードにチャレンジしましょう。

■法人カードの審査に会社設立年数が関わっているって本当?

法人カードの審査に深く関わってくるテーマの一つに、「会社の設立年数」というものがあります。設立年数は長ければ長いほど評価されます。それだけ長く事業を行っているということは、今後も潰れることなく安定した経営ができるのではないか、といったことをイメージされるからです。

そこで気になってくるのが、会社設立年数のボーダーラインです。何年以上あったほうが良い、といったようなボーダーラインはあるのでしょうか?確かめてみましょう。

法人カードの審査に有利になる会社設立年数ですが、「3年以上」というものが一つのボーダーラインとなっています。実際に、3年以上の会社設立年数になっている場合には、法人カードの審査に圧倒的に通りやすくなるのです。

3年というのは少し短いんじゃないの?と思う人もいるでしょう。しかし、特に個人事業主に関しては、多くが1年も持たないような状況になっているのです。ですから3年以上続いているということは一定の安定感はある、と評価されるわけです。

ちなみに、必ずしも3年以上の会社設立年数がなければならないわけではありません。初年度の申し込みでも審査を通してくれるカードはあります。ステータス性の低いカードを狙ってみてください。1年目や2年目の方でも法人カードが持てるはずです。

■固定電話の有無と法人カードの審査

法人カードの審査で深く関わってくるのが固定電話の存在です。最近では個人事業主のかたも固定電話の持たずに携帯電話のみで事業を行っているケースが有ります。インターネットビジネスであれば、オフィスも必要ありません。非常に事業も起こしやすくなったわけです。

しかし、固定電話を持っていないで携帯電話のみで法人カードを持とうとすると審査が不利になってしまうこともあるのです。こちらでは、なぜ固定電話を持っていないと法人カードの審査が厳しくなってしまうのか、ということについて明らかにします。

固定電話を持っていないと法人カードの審査が厳しくなってしまう理由ですが、信用できない、と判断されてしまいかねないのです。固定電話があると、その場所にいる、という証明にもなります。オフィスも持っていると想定されます。基盤となる地域を持っている、ということになるので審査で有利に働くわけです。

携帯電話だけだと、夜逃げのような事もされてしまうのではないか、といったこともカード会社はよぎってしまいます。

ただし、信用情報に問題がなければ、固定電話を持っていなかったとしても審査に突破できる可能性があります。特に年会費が低いタイプの法人カードであればそれほど審査は厳しくないので安心してくださいね。

■代表者のステータスと法人カードの審査の関係性

法人カードの審査ですが、代表者のステータスというものが大きく関わってくるのではないか、と考えている方が多いです。確かに、会社の代表者の信用がなければ、カード会社も利用してもらいたくない、と考えそうですよね。

今回は法人カードの審査と、代表者のステータスについて徹底解説します。

法人カードの審査に関しては、会社代表者のステータスが大きく関わってくることは間違いありません。仮に信用情報に何かしらの問題がある、ということになってしまうと審査落ちに発展してしまうこともあるのです。

特に注意してほしいのがクレジットヒストリーです。クレジットカードやローンなどの返済に問題があった場合には、そのクレジットヒストリーにバッチリと情報が記載されてしまっているのです。返済の遅れが頻繁にあるような状況に陥ってしまうようなことは避けなければなりません。
また、他社借入額が多かったり、複数のローンを組んでいたり、というケースには審査に落ちる可能性が高まってしまいます。

他にも収入や職業なども重要になってきます。

ちなみに法人カードと同じタイプの個人カードを利用しており」、返済も滞り無く行っている場合には問題なし、と判断されるケースがほとんどです。普段使っているカードの法人カードに申し込みをしてみるのもおすすめですよ。

■法人カードで審査の甘いものを見つける方法その1|口コミ

法人カードで審査の甘いタイプのものを見つけ出したい、と思っている方も多いでしょう。しかし、そう簡単に見つかるものではありません。だからこそ、良い方法を考えていかなければならないのです。

そこで注目すべきなのが、「口コミ」です。法人カードの審査に係る口コミを探していきましょう。口コミから法人カードで審査の甘そうなものを探していくわけです。

法人カードで審査の甘そうなものを発見するためには、Q&Aサイトの活用もおすすめです。そちらで質問してみましょう。様々な方から回答がもらえるかもしれません。Q&Aサイトに関しても、一種の口コミという考えからができるわけです。

ただし、単に口コミを見ても仕方ありません。自分と同じような状況の方の意見を参考にするのがおすすめです。例えば、会社設立年数が同じ1年から2年程度であるとか3年から4年である、といったものです。年収などを比較しても良いかもしれません。

そもそも法人カードというものは、それぞれ審査難易度が異なっているのです。審査難易度が高い法人カードもあれば、審査難易度が低いタイプの法人カードもあります。人それぞれ捉え方も異なっているので、その点はしっかりと理解した上で法人カードで審査の甘いものを見つけ出していくべきです。

■法人カードで審査の甘いものを見つける方法その2|審査にかかる時間

少し変則的な審査の甘い法人カードの見つけ方になるかもしれません。実は法人カードの審査ですが、時間が短ければ短いほど審査が甘い傾向にあるのです。それにはきちんとした理由があります。

審査の厳しいカードというものは、しっかりと審査します。会社についても審査をしますし、代表者に関しても審査しているわけです。かなり細かく判定しており、少しでも問題があった場合には審査落ちにしてくることも珍しくはありません。
一方で、審査時間が短いタイプのクレジットカードに関しては、それほど厳しくは審査しません。簡単に審査を行って、特別大きな問題がなければ審査に通してしまっているのです。ですから、審査時間が短いタイプの法人カードを選択すると取得できる確率は格段にアップします。

ただし、法人カードに関しては基本的に即日発行してくれるようなタイプはほとんどありません。1週間から2週間程度は時間がかかってしまうものなのです。ですから、まずは1週間程度を目安に探してみましょう。

もちろん審査に対して自身がある方は、審査に時間をかけるタイプの法人カードを選択しても構いません。

法人カードの審査時間に関しては、各法人カードのホームページのQ&Aコーナーなどを参考にすると良いでしょう。

■開業1年未満でも審査通過できる法人カード

法人カードは起業から3年以上経過していないと、審査通過が難しいです。
申込条件に「3年以上の経営年数である」と、はっきり記している法人カードもあります。
申込基準に明記はされていなくても、暗黙の了解で起業から3年以上が審査通過の条件…となっている場合もあります。

起業してまだ間もないんだけど!という経営者に、おすすめなのはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、開業1年未満でも審査通過できる法人カードです。
経営年数が短くても、法人カードの発行をあきらめなくても良いのです。

・開業間もなくても審査に通る理由
経営年数3年以上ないと法人カードの審査に通らないのは、法人としての信用がまだないためです。
開業して間もない状態だと、まだそれほど利益が上がっているとは考えにくいです。
開業にかかった資金のことを考えると、利益が上がっていても資金繰りは苦しい…となることもあるでしょう。
しかしアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、法人としての信用はそれほど重要としません。
法人としての審査は行いますが、重要視するのは経営者個人の信用度です。
安定した収入があり、個人信用情報に問題がない、クレヒスも優良、毎月のクレジットカード利用金額がそれなりにある…といった条件が揃っていれば、法人カードでも審査通過ができてしまうのです。
開業間もない経営者は、狙い目の法人カードです。

・デメリット
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、年会費が31,000円(税別)と高額です(また値上がりしてしまいました…)。
さらにポイント交換レートが高くなる「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録をすると、年間3,000円(税別)が必要になってしまいます。
法人カードにかけるコストが、かなり大きくなってしまうのです。
それでも付帯サービスは、超一流の法人カードです。
国内外の便利なサービスを利用すれば、年会費以上の価値があるでしょう。
しかし海外に行く機会がない、空港を使わない…という場合は、審査に通過しても宝の持ち腐れとなる可能性はありますので注意してください。
開業間もなくで審査通過できても、高い年会費を支払うと損となってしまうこともあります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは海外出張が多い、高いステータスのある法人カードが欲しい、年会費が高額でも良い方におすすめでしょう。

■赤字でも審査通過できる法人カード

法人カードは、赤字経営だと審査に落ちやすくなります。
審査通過するには、2期以上の黒字であることが望ましいです。
しかし実際のところ、連続して黒字とするのは難しいでしょう。
税金対策として、書類上は赤字にしている…なんて法人もあります。

赤字でも審査に通りやすい法人カードは、ライフカードビジネスです。
ライフカードビジネスの、申込に必要な書類を見てみましょう。

法人の場合
利用限度額100万円まで…登記事項証明書、代表者の身分を証明する書類
利用限度額100万円~500万円まで…登記事項証明書・代表者の身分を証明する書類・2期分の決算書
利用限度額500万円超…登記事項証明書・代表者の身分を証明する資料・2期分の決算書・法人か代表者名義の不動産謄本

個人事業主の場合
利用限度額100万円まで…事業主の本人確認書類
100万円以上…事業主の本人確認書類・2期分の確定申告書

利用限度額によって、提出をする書類が異なっています。
利用限度額100万円未満であれば、決算書や確定申告書が不要となっているのがポイントです。
つまり赤字であっても、審査通過できる可能性があるということなのです。
赤字だと門前払い…という法人カードは、少なくはありません。
赤字でも発行できるかもしれないのは、貴重な存在です。
開業して間もない場合、経営があまり思わしくない場合などには、おすすめの法人カードでしょう。

・デメリット
ライフカードビジネスの最大のデメリットは、ポイントが付かないことです。
法人カードは0.5%程度のポイントが還元されるのですが、ライフカードビジネスはいくら使ってもポイント付与がないのです。
ポイントがたまらないので、まありお得ではない…となってしまうでしょう。
ただライフカードビジネスは、年会費が無料の法人カードです。
年会費有料の法人カードが多いのに、年会費負担がまったくないというのもこれまた貴重な存在でしょう。

ライフカードビジネスは、ゴールドカードも用意されています。
ゴールドカードは年会費2,000円(税別)となり、ゴールドカードとしては格安となっています。
空港ラウンジや保険付帯もあり、コスパが高い法人カードと言えるでしょう。
さらに1,000円に1.0ポイント付与と、ポイントをしっかりためることも可能。
ゴールドカードでも100万円未満の利用限度額だと、決算書や確定申告書の提出は必要ありません。
赤字でもゴールドクラスの法人カード審査に通ることができるかもしれません。